2017年10月8日

スタッフブログリレー 「20歳の頃」清水編



20歳

今から25年前

美容師になって2年目





高校後の進路

漠然とではあったけど
唯一なりたいと思った職業「美容師」
でも
大半は大学へと進む友人の中で
野球坊主の自分には未知な美容師という世界に
飛びこむ勇気が持てなかったこと

話を持ち出したとしても
ほとんど反対されたこと

性格、タイプ的にも
自分と正反対に思えた美容師になるための資質



そんな理由を並べ

美容師ではなく
美術が好きだったという理由だけで
美術系の大学を受験することに。

受験に向けて遅い準備を始めました。



しかし、いくら好きでも
秋からチョコチョコと準備した程度で
合格できるほど甘いものではなく

結果は不合格



これで卒業後は浪人か専門学校かなと
思っていたころ

家庭の諸事情で

どの道に進むにも
自分自身で資金を準備しなければならなくなり


それならばと
資金稼ぎのため、一年間アルバイト

いわゆるフリーターとなりました。





自分の中では
バイト後の進路は決めていました。

一年遅れで美容学校に行こうと。

長い人生一年の遅れなんて大したことはない。
自分で準備するなら自分のなりたいものになろう。




アルバイト生活
レストランの厨房で朝から晩まで。

楽しかった。
お金もそれなりに貯まりました。

8か月ほどたった時


バイト先で一緒に働いている方が
ご自分の通っているヘアサロンに
「うちのバイトでこんな子がいるよ」と
話してくれて

じゃ、一度面接してあげる。
美容学校は通信学科もあるから。



一年間働いて美容学校に行く予定が
アルバイト生活を切り上げ
いきなりヘアサロンで働けることになりました。





貯めた資金で
美容学校と一人暮らしを始め
憧れの美容師生活。



その時19歳。



入店したお店では
厳しく育てていただきました。



入店4か月目には
美容学校卒の同じ年の後輩ができ

追い越されない様に美容漬けの毎日。



道具の名前も
どう使うのかもわからず
後輩たちはもう学校で習得している技術も
自分は全くできない状態。



でも絶対に先を行っていたかった。
先輩でいたかった。



毎日、練習。

先輩に「あと店の鍵を閉めときます」と言いつつ
結局朝まで練習してたり。


一人暮らし
休みの日もやる事も無いし
お金もないので店に来て練習。

講習費の安めの外部講習には片っ端から参加して。





ひとつの技術ができるようになること
目の前の課題をクリアしていくことが楽しかった。

憧れてあこがれて
遠回りしてやっとなれた美容師
この仕事に携われていることが楽しくて仕方なかった。






それから2年後

スタイリストデビュー

その時20歳


早すぎるデビュー。

経験不足からくる不安で
毎日押しつぶされそうでした。



でも、お客さまには精一杯で仕事をして
自分が担当するからには
もっと素敵に
もっとカッコよくなってもらいたい。

そんな熱い気持ちで毎日過ごしていました。


しかし
今思うと
ほんと未熟な技術だった...







憧れていた美容師として働けていること
自分を指名して来店してくださるお客さまがいること
自分の技術でお客さまが喜んでくださること


20歳の頃


この仕事の大変さとやりがい、素晴らしさを
身に染みて実感して
この仕事でこれから生きていくんだと進む道が定まったとき



今思えばそんな時期だったように思います。












カッコいいことを書いていますが
昔の思い出は
多少キラキラして記憶しているようです。。


お許しください(苦笑)


       【清水】

2017年9月23日

堀内 退職のお知らせ




堀内 退職のお知らせ



いつもご来店いただき誠にありがとうございます

この度、20171230()をもちまして
堀内拓が独立の為、nestを退職させていただくことになりました


6年の在籍期間中
お客様には本当にお世話になりました


堀内の独立出店は来年1月を予定しておりますが
まだ、今現在詳細が決まっていない為
この場でのお知らせは叶わないのですが
今後、ご迷惑をおかけしないよう
最大限対応させていただく所存です



もちろん、これまで堀内が
担当させていただいておりましたお客様につきましては
これからもnestとして
スタッフ一同、責任をもって引き継ぎ
担当させていただきますので
お気軽にお申し付けください




nestとしても初めての退職者となり
長く一緒にnestを作って来ましたスタッフが
卒業するのはさみしいですが
前向きな門出でもあるので
残り約3か月、有意義な時間を過ごし
気持ちよく送り出せたらと思っております


お客様にはご不便、ご迷惑をお掛けいたしますが
何卒、ご理解賜りますようお願い申し上げます

                   


   nest代表 清水 正樹
堀内 拓






2017年8月31日

スタッフブログリレー 「ターニングポイント」須永編

ターニングポイント、、、、
僕はまずこの言葉の意味が分かりませんでした。

色々考えた結果
僕のターニングポイントは
高校の受験勉強です。

中学時代は勉強が大の苦手でした。
自分の成績でいける高校はほんの僅か。
総合学科に興味があったので
ギリギリ手が届きそうな総合高校にAO入試で受けました。

同じ中学校からは僕を入れて3人受けてました。

結果
僕だけが落ちました。笑
一緒に合否を確認したときは変な空気になったのを覚えています。

悔しかったので春の筆記試験に向け
塾に通い猛勉強し
無事目指してた学校に合格することが出来ました。



当時ひとつの目標に向けて努力することが初めてで
それが今も活かせてるかと思います。

あの時に落ちてなかったら「努力する」ということが
身についてなかったかもしれません、、、。

受験勉強は苦い思い出ですが
色々教わった時期でもあります。



果たして僕の人生でターニングポイントは
あと何回訪れるでしょうか。

須永




2017年8月25日

スタッフブログリレー 「ターニングポイント」田崎編



今の自分になるまでのきっかけは
いくつもあるのですが

大きな転機は23歳の時だと思います。

以前の職場で、清水さんに出会いました。
自分が目指している美容師像を見つけた、
その時の感覚は いまだに覚えています。


それから間もなく、清水さんが独立することを聞き
しばらくしてから
nestで働きたい。と懇願しました。


ここで働くようになって感じるのは
nestのお客様が本当に素敵な方ばかりなので

様々な形で、考えるきっかけを与えてもらい
感化され、背中を押してもらい
とてもいい影響を受けています。


清水さんの背中を追っていたら
今月、nestで働き始めてちょうど10年が経ちました。

まだまだ自身に納得いかないことも多く
理想の自分には、ほど遠いもので
毎日、自分の見直し。

それだけ日々の仕事の中で、沢山の学びがあり
とても充実した毎日を送っています。


先日、清水さんから譲り受けたはさみ。

2017年8月16日

スタッフブログリレー 「ターニングポイント」堀内編

ターニングポイント...。



あと5年位して振り返ってみたら今が人生の中で一番のターニングポイントだと感じるのだと思います。



ここ何年かで結婚し



子供ができて...。



今までは朝から晩まで“自分の為に、自分の成長の為“に働いてきました。

その“自分の為“というスタンスから一転

“誰かのために、誰かを守るために”

人生を歩むようになりました。



正直自分の性格上、言葉で伝えることが苦手なので

自分の体で、自分の背中で家族を守っていこう。

そう自然と心から思えていること自体が

人生の分岐点なのだとおもいます。



小さいとき父母、姉が家にいて

只々当たり前に過ごしていた日常が

すごい事だったんだなと今はひしひしと感じています。



いざ自分がその環境に立たないと分からない

期待。不安。葛藤。未来。

それを毎分毎秒感じつつ

楽しみながらそんな“日常“を楽しみたいと思います。



すごく当たり前のことなのかもしれませんが

これが私のターニングポイントです。

家族と共に歩んでいきます。


靴ひもほどけていますが(笑)

堀内

2017年8月9日

スタッフブログリレー 「ターニングポイント」細野編


人生において
とても大切になったターニングポイントは
美容師になってちょうど一年位

仕事も少し慣れてきて
とある理由でお店を辞めて
次のお店を決めるまでなんとなく
コーヒーショップで短期で働こうなんて考えていたら
割とコーヒー作りが向いていたようで
楽しくなってしまった頃


「前から美容師になりたいと言っていたのに
なんでバイトしているの?」


と友達からの的を得た指摘に
フリーターで就職もせず
言う事は一丁前で

急に格好が悪い自分に気が付きました


同時に、お家に帰ってからも
両親に怒られることも多くなり・・


大きい事を言う前に実行して結果を出したい。


それからすぐ就職を決めて
以前のお店を辞めてから3か月位経っていたので
一から技術も見直ししてもらい
同期にも追い着いて
4年後スタイリストデビュー。


あの日から決めたことは

風邪を引いても休まない

すぐに弱音を吐かない

目的もなく仕事を辞めたりしない



4年後、あの時指摘してくれた友達や両親
皆が心から
「 本当におめでとう! 」

と認めてもらえた日に変わりました。


その時のスイッチが今も切れず
仕事が大好きになったのも
夢を叶えられた事も
素敵な人たちとの出会いも

きっとあの日から変わったんだと思います。


努力は報われると信じて
これからも自分の人生を自分らしく
進んで行きたいと思います。


細野

2017年8月4日

スタッフブログリレー「ターニングポイント」清水編


これまでを思い返すと
“ターニングポイント”と呼べる出来事が
いくつか思い浮かびます。



これまでの自分とはかけ離れた場所にあった
「美容師」という職業を選んだことは

生活、自分自身、友達、環境  …
全てにおいて
これまでと180度変わった転機でした。



それと同じくらい
自分にとって大きなターニングポイントだったのは

「上京」でした。



18歳でこの仕事に就き
23歳のとき
「東京青山で美容師がしたい」
「雑誌の仕事や撮影の仕事もしてみたい」
「もう一度まったくゼロから美容師の仕事に取り組みたい」
そんな想いから
お世話になった大阪のサロンを退社させてもらい

コネもなく
働く場所も決まっていないまま
住む部屋だけ決めて上京。



働きたいサロンはありました。

でも、募集をしているかもわからず
入れるのかもわからないのに
電話をしてみて断られたら
座り込んででも雇ってもらおうと
そうすればきっと雇ってもらえるんじゃないかと。


若かったのでしょう

不安もそれほどなく
全く新しい場所でこれから始まる生活に
ワクワクしていたのを覚えています。




大阪の頃は
お客様も付き
店長の肩書ももらって仕事をしていましたが
東京ではもちろんお客様はゼロ。

「シャンプーからやります!」とアピールして
運よく希望していたサロンに入ることができ

あこがれの東京での美容師生活がスタートしました。






そこでは
技術を一から見直し
スタイリストになって
お客様もついて
撮影や雑誌の仕事もさせてもらい
店長も経験し...




その後、横浜へ






数年後、その横浜で独立。






結婚し、





親になり家族を持って。






仕事先もなく上京して
何もなくて孤独感に囚われながら
再スタートしたあの頃から
今年で21年。


今、自分のまわりにあるものは
全て上京してからのもの。




充実していた大阪での美容師生活を置いて
勢いに任せて上京を決意した時が
間違いなく大きなターニングポイントでした。



大阪生まれ大阪育ちの自分ですが
自分の居場所は “ここ” なんだと思います。




【清水】